Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深夜労働の給料(3)
深夜時間帯労働の給料に関する事例研究の3日目です。
ちゃんとついてきてますか~?
なかなか難しい問題ですけど、残業代を正しくGETする為に、頭の片隅にでも乗っけておいてくださいね☆


【前提】
Kさんは、株式会社Aで、電気工事の仕事をしています。
現場は深夜工事になることも多く、労働時間が度々変更になってしまいます。
通常の労働時間は、9時から18時まで(休憩1時間)の8時間勤務となっています。
深夜工事が入る場合、日中はお休みになり、夜から労働開始となります。
Kさんの給料は、時給に換算すると1,500円になります。



はい、今日の問題です!
3月9日
Kさんは定時である朝の9時から仕事が始まりました。
途中、お昼の休憩1時間をを挟み、夕方の18時には帰ろうとしていました。
ところが、緊急の仕事が入ってきて、夜の工事も引き続き行う事になりました。
現場で作業を始め、途中、21時から1時間、夜中の2時から1時間、更に朝の7時から1時間、それぞれ休憩を取り、仕事が終わったのが、なんと朝の10時でした。
そこで、Kさんは、始業の時間を過ぎていますので、徹夜でそのまま10日の業務を続けて行う事になりました。
さてこの場合、Kさんの給料はどのように計算すれば良いのでしょうか?
てか、よく過労でダウンしてないで済んでいますよね。。。


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[深夜労働の給料(3)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

深夜労働の給料(2)
深夜時間帯労働の給料に関する事例研究の2日目です。
昨日の記事、ちゃんと思い出してね☆

【前提】
Kさんは、株式会社Aで、電気工事の仕事をしています。
現場は深夜工事になることも多く、労働時間が度々変更になってしまいます。
通常の労働時間は、9時から18時まで(休憩1時間)の8時間勤務となっています。
深夜工事が入る場合、日中はお休みになり、夜から労働開始となります。
Kさんの給料は、時給に換算すると1,500円になります。

では!
問題2
2月15日
Kさんは夕方の18時から仕事を始めました。
途中、21時から1時間、夜中の1時から1時間、それぞれ休憩を取り、仕事が終わったのが、朝の7時でした。
この場合、Kさんのこの日の給料はいくらでしょうか?


続きを読む前に、クリック応援お願いします☆
人気blogランキングへ
[深夜労働の給料(2)]の続きを読む

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

深夜労働の給料(1)
今日は知人の事例を下に、残業時間の取り扱いについて解説していきます。
ちょっと複雑になるけど、皆さん、ちゃんとついてきてね☆


Kさんは、株式会社Aで、電気工事の仕事をしています。
現場は深夜工事になることも多く、労働時間が度々変更になってしまいます。
通常の労働時間は、9時から18時まで(休憩1時間)の8時間勤務となっています。
深夜工事が入る場合、日中はお休みになり、夜から労働開始となります。
Kさんの給料は、時給に換算すると1,500円になります。

さて、突然ですが。。。
問題1
2月10日
Kさんは日中お休みで、夜8時からお仕事が始まりました。
朝の5時で工事は完了しましたが、途中深夜0時から1時間の休憩がありました。
この場合、Kさんのこの日の給料はいくらでしょうか?



答えを見る前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[深夜労働の給料(1)]の続きを読む

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

有休の付与日数問題【解答編】②
いやいやいや、回線問題には参りました(>_<;)
結局、原因のわからないままなんですけど、なんとか今は安定して繋がっているようです。
なんなのかねぇ・・・?

さて、いつまでもグダグダ言っててもしょうがないので、有休の付与日数に関する問題の解説の続きをお伝えしていきましょう!
その前に、【問題編】はコチラ
【解答編①】はコチラになりま~っす♪


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[有休の付与日数問題【解答編】②]の続きを読む

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

有休の付与日数問題【解説編】①
有休の付与日数は、労働法で定められています。
なので、好むと好まざるとを問わず、会社は、社員に対して一定の有給休暇を付与しなければなりません。
けれど、間違った解釈等で、会社がシッカリ社員に与えていない場合もあるんですよね。

さて、2日間寝かせたので、前回の記事内容を覚えていない方もいらっしゃると思います。
そんな方は、コチラで問題編を見てください。

今回の場合、まず雇用契約の存在が厄介です。
平成12年3月から平成13年3月までは、契約上はB社の社員(アルバイト、契約社員)になっています。
つまり、この期間の有給休暇については、B者が付与する、というルールになっています。
よって、A社の社員となった平成13年3月以降は、A社が有休を付与することになるのですから、この時期から何年働いたのか、というところが焦点になってくるんですね。

そもそも、アルバイトなのに、わざわざB社からの出向にしてA社で働く、というのが理解に苦しむ点ですけど。。。。
しかも、A社で面接して合格、というスタートになっている点が、なんともオカシナ感じがしますよねぇ。。。
しかし、B社での勤務期間が、A社の社員として働き始めてからの期間に加算されない、と考えられてしまうのが一般的です。
悲しいなぁ(>_<;)

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
[有休の付与日数問題【解説編】①]の続きを読む

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。