Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部告発のホントと嘘(2)
鈴木社長はついに決断をした。
「今回の件は損失が大きい。
 何故、落ち度のない当社が損をしなければならないのだ?
 しかし、社員を攻める事は絶対にできない。
 だから....」

日曜日の記事はご覧になりましたか?
話を要約すると、100万円分の商品を納品したのに、その代金を支払ってもらえない。
どうにか訴えようと思うのだが、その費用がなんと!
200万円もかかってしまう、というのです。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
こんな状況になった時に、皆さんならどうしますか?という質問を投げかけてみました。
考えてみましたか?
100万円の代金を回収するのに、200万円の訴訟費用がかかる。
つまり、100万円の損失があるってことなんですが、裁判に係る時間などを含めると、この場合、訴えない方が得策のように思いますよね。
じゃあ皆さんは訴えない道を選んだのでしょうか。。。

私の答えは、明白です。
この位の損失なら、迷わず訴える事を選択します。
何故でしょうか?
実はね、私はその場の損より、将来的な、もっと大きな損失の方が怖いな、なんて考えているんですよね(ToT)/~~~
確かにこの場面だけ見れば、訴える事は明らかな損です。
でも、トータルで見たときに、果たして訴える事は、そんなに損なのでしょうか?

仮に訴えなかった場合、確かに代金100万円は焦げ付いてしまますが、裁判に係る時間はロスしないから、短期的評価では、得策に思えます。
しかし、これは目に見えているロスだけを追っている愚かな行為だと思うんです。
何故でしょう?
それは、担当の田中さんの気持ちを考えていないから、なんですよね。
ここで私の論調をハッキリさせておくと、人間は理詰めで動くのではなく、感情で生きる動物なんだと考えているんですよね。
今回の事件で鈴木社長が訴訟に踏み切らなかったとして、田中社長はどんな気持ちになるだろうか。
田中さんはシッカリとお客の要望に答え、一切の落ち度がなかったにも関わらず、代金を支払ってもらえなかった。
この時、「訴えない」という行動は、
こちらに落ち度があったと認める
という事を意味するんですよね。
この事を考えれば、田中さんはガックリくることでしょう(>_<;)
そして、モチベーションは下がり、やがてこの会社を去っていってしまうのではないでしょうか。。。

将来的に見て、と言ったのは、優秀な社員である田中さんが退職してしまう。
あるいは、他の従業員のやる気もなくしてしまう、そんな事態に陥ることもあるんじゃなかいな、なんて考えたからなんです。
そんな事を考えると、一時的な損失なんて、
ちっとも痛くない!
ですよねぇ。

ところで自分が働く現場で嫌がらせを受けたりしたとき、簡単に訴えたりするでしょうか?
今回の事例を参考に考えてみてくださいね。
重要なのは、将来的に見て、あるいはトータル的に物事を捉えて考えることです。

人気ブログランキングに参加しています☆
是非是非清き一票をお願いしますね♪
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。