Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働時間と残業
総務課長「最近、社員のミスが目立つんです。」
社長「ほう、そうなのか。」
総務課長「そのミスを修復するために、社員が残業しているんですが、その為に残業代が膨らんでおりまして。」
社長「そりゃいかんな。そもそも、ミスの修復をするために残って仕事をするなんて、そんなものは残業とは言わないだろう。」
総務課長「そうですよねぇ。じゃあミスの分の残業代の支給は見合わせますか?」
社長「そうだな。業績も悪化しているし、残業代は20時間までの支給でカットしなさい」

実はこれ、私が以前に勤めていた会社内の実際の出来事です。
皆さんはどのように思われますか?

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
こんな事は、法律的に言うと、
絶対にありえない!
ですよね。
ミスの修復であれ、理不尽な業務命令であれ、仕事に従事しているには違いはありません。
成果が出ようと出まいと、あるいはその仕事に価値があろうとなかろうと、
そんなものは一切関係ない
のです。

最近の論調として、給料は仕事の成果によって支払われるべきだ、ということが言われていますよね。
でも、私に言わせると、そんなものは残業代を支払いたくない、という意図から出たように感じられ、もはや屁理屈の地点まで到達しているように思うわけです。
確かに仕事の成果がなければ利益は生れずに、社員の給料を支払う事も困難でしょう。
ただ、

儲かる仕組みを構築していくのは、社長の仕事
です。
この仕組みづくりを怠って、利益が入ってこない会社にしてしまい、それを『成果主義』だ、なんだと騒ぎ立てては社員のせいにしている、こういう状況に思えて仕方がないんですよね。

そもそも、労働法では、残業時間が発生した場合には、時間によってその分の給料を支払いなさい、という明確なルールがありますから、それを捻じ曲げた屁理屈で支払わない、というのは、
明らかな違法行為
なんですよね。
ミスの修復がダメ、なんて言ってるけど、ミスをしない人間なんてありえないんですよね。
それじゃあ儲ける事が出来ない仕組みで放置していた経営者の責任は?
何も成果を出さずに、社員の何倍もの報酬を受け取っているという訳か
(´~`ヾ)ポリポリッ
彼らこそ、成果を出さないお荷物なんですから、時給700円くらいで雇ってみたらどうですか(笑)

人気ブログランキングに参加しています。
是非是非ワンクリック応援お願いしますね☆
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日ファッションについて、ここに少し書きました。服を買うのが無駄遣いのようで気が引ける。収入がないのでムリ。では、必要経費だよ!と堂々と買っていいのはどんなとき?昔
2006/01/09(月) 21:15:07 | うつ病の社会復帰 Web編
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。