Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
派遣で働く
労働者派遣法と言う法律があります。
言われなくても知ってるよ、という方もいらっしゃるでしょうし、派遣という形態で働く人は、300万人ともいわれていますよね。
だけど、派遣という働き方については、ちゃんとした知識をもっていないと、トラブルに巻き込まれたりしやすく、人権問題にも発展しかねないんですよね。
だから、知ってるよ、という方も、少しお付き合いしてくださいね♪

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
派遣とはそもそも、どういう働き方なんだろうか?
労働法では、派遣については以下のように定義されています。

「労働者派遣とは、自己の雇用する労働者を、その雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、その他人のために労働に従事させることをいい、その他人に対し、その労働者をその他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする」

なんだかとても長い定義ですね(;^_^A
これでは理解しにくくなりますので、分解していきましょう。
まずは下の図を見てください。


       派遣契約
【派遣元】--------------- 【派遣先】
   \           /
雇用  \         / 指揮命令
関係   \       /  関係
      \     /
       【労働者】

あまり綺麗な図じゃないですね(笑)
実際のところ、派遣というのは、上の図のように、三角関係になっているんですよね。
だから、社員にとってみれば、2つの会社に雇われているような感じになるんでしょうけれど、実際に雇われているのは、派遣元だけ、なんですよね。
『雇われている』というのが形式上だけ、みたいになっていて、給料の支払だとか、社会保険の加入などの手続は派遣元が行っているんですよね。
けれど、実際の仕事に際して、指示を出してくるが、派遣先、ということになるんです。
この関係を成立させるには、まず派遣元と派遣先で契約を交わします。
また、派遣元が社員を派遣させるには、基本的には社員の同意が必要になってきます。

さて、そもそもなんで派遣法という法律が必要だかわかりますか?
実は、この法律がないままだと、労働者を供給する、つまり悪い言葉に言い換えると『人身売買』が行われたり、中間搾取、つまりピンはねが行われてしまうんですよね。
じゃあ労働者供給ってなんだ?
ってポイントですけど、これはまた明日☆見てくださいね♪


いつもクリック応援ありがとうございますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

最近また、ランキングが上昇してきています。
目指せトップ10 目指せナンバー1!!
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。