Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
転職すると幸せになれますか?
ついに東証の機能も停止させてしまいましたか。
エライ話になってきましたね。
ええ、モチロン、ライブドアの話です。
ここまでくると、笑って許される話ではないのですが、人がいかに表面上のことに惑わされるか、よく分かる事例だと思うんですよね。

例えば、このブログを見に来てくれている方の大半は、今の会社を辞めたいとか、早く転職したいとか、あるいは前の会社に復讐したいとか(;^_^A
そんな事を考えていると思うんですけど、じゃあ今度転職したら、幸せになる可能性は?
って聞いてみると、大概の人は
「今の会社にいるよりは、絶対に幸せになれます!」
と答えるでしょうね。
でも、ホントにそう言い切れますか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
求人広告には、給料事例が載っている事が多いですよね?
それに対して少ないだの多いだの、検討の際に重要な項目となりますよね。
けど、それってマヤカシ、って事に気が付いて欲しいんですよね。

「月給22万円~40万円
 [年収例]
28歳/入社6年 800万円(手当含む)」
なんて書かれていたとしても、鵜呑みにしちゃあいけない、ってことです。

まず最初の給料ですけど、記載されている給料の最低額がアナタの給料だと思うべきでしょう。
そして、目安となる年収例ですけど、これって
全然目安になりません。
(>_<;)

例えば上記の場合、22歳の新卒で入り、順調というか比較的出世が早い、給料の高い人の例になっているんですよね。
だから、仮にアナタが27歳だとしてこの会社に転職し、翌年には800万円の年収になるなんてことは、ほとんどアリエナイ、って事なんです。
こんな事は常識だ、と思っている方もいらっしゃるのでしょうけれど、今の現状が苦しくて、ついついこうした広告のテクニックに魅せられて、誤った判断をしてしまうことって、非常に多いはずなんですよね。

そんな訳で、その会社の中身や信念など、ジックリ吟味しないと、結果として「騙された」と思ってしまうことになるんですよね。
実のところ、会社が悪いんじゃなくて、自分が見抜けなかった、簡単に判断してしまった、という原因も多分にあるので、要注意ですぞ!
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。