Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正社員の増加
このところ、ライブドア事件や耐震強度偽装事件など、暗い話題が先行していましたが、ようやく明るい話題が入ってきました☆
昨日の記事になりますが、正社員の人数が、8年ぶりに増加したようです。

【日経新聞より】
厚生労働省が1日発表した2005年の毎月勤労統計調査の速報によると、従業員5人以上の企業の常用労働者は月平均4309万4000人となり、前年に比べて0.5%増加した。前年を上回るのは2年連続で、なかでも正社員を中心とする一般労働者が0.5%増の3218万1000人と8年ぶりに増加した。景気回復を背景に、企業が正社員の確保に動いている。



『景気回復を背景に』というところがポイントですよね。
それが良い、とは言いませんけれど、普通、企業というのは調子が悪いときには正社員を雇いづらいもののようです。
売り上げが落ち込んだり、赤字になってしまったときに、正社員よりパートや契約社員の方がクビを切りやすいからなんです。
という事は、今回のニュースは、企業がそういう状況にならないだろう、という判断の元に、正社員を増やしていく方針に転換していった、と言えるでしょうね。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
正社員と契約社員、そしてパートやアルバイト、更に派遣など、働き方はマチマチだし、様々な方が色々な事情をもって働きに出ているわけですから、一様にどれが良い、という事は言えませんよね。
最近ではフリーターやニートの増加が社会問題として取り上げられていましたけど、これだって単純に彼らを一方的に責めても仕方のない問題ですよね。
正社員で働きたいんだ、という希望を持っていたとしても、雇用の口がなければ正社員になることはできないし、勝手に正社員宣言するわけにもいかないのですから、フリーターやニートの増加は、企業側にも責任はあるわけですよね。

そもそも、働くことの魅力を示せない経営者や上司は、私は失格だと思っています。
以前、私が勤めていた会社の上司は、
「仕事はツマラナイものだろう。だから面白おかしくするために、俺みたいな明るいやつが必要なんだ」
みたいな事を言っていたんです。

はぁ?何言ってるんだ?
私は、そんなツマラナイ男と一緒に仕事をする気にはとてもなれなかったんですよね。
そもそも、「仕事はツマラナイもの」なんて言い草は勘弁してもらいたいものです。
私だって仕事がツマラナイと感じたり、逃げ出したくなるときだって山ほどあります。
けれど、仕事をする喜びや楽しさがその先にあることを知っているから、逃げ出さずにいられる訳です。
例えば、このブログの更新は、私にとっては仕事の一つくらいに思っているのです。
ですので、毎日の更新が辛い時だってあるし、
「今日はサボっちゃおうかな。。。」
なんて思うときだってあります。
けれども、更新を楽しみにしてくれている方もいらっしゃるし、実際に応援のコメントを戴けたり、困っている方から相談を持ちかけられたりして、それが大きな励ましになり、何より私の喜びになっているんですよね。

なんだか色々な話に発展してしまいました(;^_^A
とにかくまぁ、明るい社会にしていくのも、私の人生の使命の一つだと勝手に思っているんですわ(^o^)


最後まで読んでくれてありがとう☆
ついでにポチッとね♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。