Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノーワークノーペイ
更新サボってゴメン!
実は、週末を使って友人と白馬までスノーボードをしに言ってたんですよね。
ですので、実際には更新したくても出来なかったんです。
・・・言い訳ですね(;^_^A

丸2日間も空けてしまったので、さぞや人気blogランキングは下がってしまったんじゃないかなぁ、なんて心配していたのですが...
皆様の暖かい応援のお陰で、20番台に踏みとどまっているようです\(^o^)/
感謝感謝!!!

ところで、会社をサボった場合、通常は給料から差し引かれてしまいますよね。
以前制裁有休に関して話題にした事がありましたけど、皆さんは「ノーワークノーペイ」という原則をご存知ですか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
ノーワークノーペイ
日本語に約すと、
「働かざるものに払う必要なし」
という事になります。
つまり、昨日今日と私が仕事をサボってスノボに行ったとしたら、その2日分の給料は、払わなくてもいいですよ、というルールがあるんですよね。

例えば、私の給料が月額20万円だとして、月に20日働いているとします。
そうすると、1日あたりの給料は1万円、という事になりますから、2日間会社をサボると、給料は2万円差し引かれても文句が言えない、ということになってしまうんですよね。
モチロン、有給休暇の申請を出して正当に休んだ場合は差し引かれませんし、減給の制裁による方法を除いては、2万円以上差し引く事も原則として許されていません。

おっと!
ここで注意しなくてはいけないのは、会社をサボったからといって、会社が自由に社員の給料を差し引けるわけではない、ということなんです。
え?さっきと言っていることが違うですって?
ははは(笑)
まぁまぁまぁまぁ。

実はね、原則としては「ノーワークノーペイ」というルールがあるんですけれど、その以前に、会社は「1月に20万円の給料を支払いますよ」という約束をしているんですよね。
ですから、その約束と「ノーワークノーペイ」の原則を天秤に掛けた場合、『給料を支払う』という約束が勝ってしまうんです。
ではどうすれば良いかと言うと、就業規則に『サボった分の給料は支払いません』という事をキチッと明記しておく必要があるんですよね。
つまり、就業規則にそういう事が書いていないのならば、アナタの給料は差し引かれませんので、
サボり放題
という事になるんです\(^o^)/
まぁあんまり派手にやると、裁判沙汰になるのでオススメしませんけどね(;^_^A

んな訳で、今週からまた更新頑張っていきますので、引き続き応援お願いしますね☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。