Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
通勤中の怪我(3)
私は今、八王子に住んでいます。
で、職場も八王子市内にありますから、通勤はそんなに苦痛ではありません。
自宅から職場まではバスで1本ですし、毎朝、座って通勤出るんです♪
ところが、先日の雪のときは、バスが全然来ませんでした(>_<;)
こんな時は、多少遠回りして、電車で通うしかありません。
つまり、通常の経路を使えないわけです。

さて、通勤中の怪我に関するシリーズも3回目ですが、またまた通勤の定義を復習しちゃいましょう。
「通勤とは、労働者が、就業に関し、住居と就業の場所との間を、合理的な経路及び方法により往復することをいい、業務の性質を有するものを除くものとする。」
でしたよね。

あれ、待てよ。
じゃあ遠回りして電車で通ったときに怪我をしたら、労災が適用されなかったんじゃないだろうか?
そんな疑問がうかんだ方は、スルドイ!
でもね...

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
実は、今回の私の場合、いつもと違う経路で通勤する事になったわけですが、それが「合理的な経路及び方法」から逸脱しているとは考えられないのが労災なんです。
致し方ない場合は、大目に見てくれる、ってトコロですかね。

『合理的な経路及び方法』
言いかえると、自宅と会社とを往復する場合に、一般に用いると認められる経路、及び手段のことを指すんです。
だから、交通機関の一つであるバスが麻痺して通勤できない場合に、電車を使って通勤する事は、いたって当たり前のことですよね。
そんな訳で、私のような事例でも、当然に労災と認められるんです。

以前、私は八王子市内から20キロぐらいの場所にある会社に勤めていまして、その時は自家用車を使って通勤していました。
多摩地区とは言えどもやはり東京。
渋滞が所々で起こりますので、私はよく抜け道を使っていたんですよね。
なので、毎日違う経路で通う事もありました。
さて、この場合には、通勤の経路として認められるんでしょうか?
答えは、認められる、なんです。
単なる迂回だ、という考えの下に、認められるからなんですね。

一方、特段の理由もなく遠回りをしたり、免許を取得した事がないのに自家用車で通勤したり、あるいは泥酔して車を運転した場合などは、「合理的な経路及び方法」とは認められないので、十分に気をつける必要がありますね。
最近は、飲酒運転に関する取り締まりも厳しくなっていますからね~。

とまぁ、通勤の定義については一応今回でオシマイ。
けど、通勤中の労災に関しては、かなり頻繁に問題となっていますので、細かい話もまだまだ色々とあるんですよね。
まぁあまり細かい部分に関しては、ことある毎に解説していくことにしましょうね☆


この記事が参考になった!という方は、是非ともクリック投票お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。