Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年問題【団塊の世代】
皆さんは失業率や求人倍率というものを意識したことがありますか?
実は、先日発表された求人倍率が1倍以上となっているんです。
つまり、求職者<求人数という事なんですね。
いわゆる『売り手市場』という状況なんです。
だから、あまり選り好みしなければ、計算上は誰でも就職する事が可能、という状況なわけですよね。
つい先日までは、これが逆。
つまり求職者>求人数だったのです。

この求人倍率は、景気に左右される指数といわれていますが、景気だけがその原因になっているわけではなさそうです。
そこで、キーワードになってくるのが【団塊の世代】という訳なんですよね。

実は、前回の最後にある本を紹介しているんですが、団塊の世代というものは、堺屋太一さんという作家がつくった言葉と言われています。


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
団塊の世代に関しては、下の本を読むのが手っ取り早いわけですが、そんなの読む時間がないぞ!という方もいらっしゃいますよね。



簡単に言うと、第一次ベビーブームの方々のことを言っているわけなんです。
そう、大量に赤ちゃんが出生した年代なんですね。
この赤ちゃんが成長し、大人になり、そして日本の発展に大きく貢献していただいていた訳なんですよね。
で!
ついにその赤ちゃんたちは、まもなく定年を迎えることになっているのです。
つまり、60歳に達してしまうんですよね。

これが今、世間で大きな問題とされている現状なんです。
つまり、定年を迎える方が物凄く沢山いらっしゃり、ゴッソリと労働者の数が減ってしまうんですよね。
更に問題は、こうした日本の経済の発展に大きく貢献していただいた方々の技術が、実際にはシッカリと受け継がれていない、という状況もあるようなのです。
ですから、単に人が少なくなる、という問題だけでなく、日本の経済が全体的に沈滞化してしまうのではないか、という大きな問題になっているのです。

が、そうそう暗い話題だけに終始するわけでもなさそうですよね。
【続く】


最後まで読んでくれてありがとう。
ついでにクリックお願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。