Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中間搾取
なにやらニュースな事件がいっぱいですね。
昨日は武部幹事長とライブドアとの関わりが大々的に報じられ、その一方で、ヒューザーの破産手続きが開始されるそうですね。
ライブドアにしてもヒューザーにしても、表面上の「まやかし」によって利益を得ていたと考えられますから、そこに関わった方にしてみたら、お金を騙されて吸い取られていたと、さぞかしお怒りの事でしょう。
つまり、搾取されてしまった、と思うわけですね(>_<;)

実は、労働法の中にも、「搾取」に関する規定があるんです。
今日はそのルールの紹介です。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
お給料って、実は、とても誤魔化しやすいものなんですよね。
やり方によっては、社員の給料を少なめに支払ってしまうことも簡単なんです。
この事実を分かっていない、つまり給料明細を毎月キチンとチェックしない人も多いらしいですから、気をつけないと・・・ね☆

で、その中でも悪質なのが、「ピンハネ」と言われるものなんです。
実際に私が出くわしたわけじゃないから詳しくは説明できないけど、いわゆる「紹介料」みたいなものが、労働者と会社の間に入った者に支払われて、社員が正当な給料を得られないことを言うんですよね。
これを防ぐために定められているのが、今回のテーマである
中間搾取の排除
というルールなんですよね。


「何人(なんぴと)も、法律に基づいて許される場合のほか、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない」


これが、そのルールなんです。
つまり、派遣などの法律で決められたものを除いては、誰も、勝手に不当な搾取をしちゃいけませんよ、という事なんですね。
ちょっと分かりにくいかもしれないですけど、「業として」っていうのは、「仕事として」という意味じゃなくて、その行為を反復継続することを意味しているんですよ。
だから、仮にアナタが余暇を利用してピンハネしたとしたら、それはイカンよ!ということになっています。

それにしても、今の世の中で、ピンハネってあるんでしょうか?
誰か逆に私に教えてくださいm(_ _;)m
まぁ裏を返せば、法律がシッカリ作られているから、滅多に聞かれないことなのかもしれないですね♪


この記事が参考になった!
と言う方は、クリック応援おねがいします☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。