Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
役職と地位
ライブドア問題で、数少ない取締役の一人、熊谷氏も起訴される方向で動いているようですね。
ホリエモンが逮捕される以前から、彼は取締役として従事していたわけですが、現在は代表取締役になっているんですよね。
その人物が起訴されるとなると、もうホントにガタガタ、ですねぇ。

ところで、彼は周囲からホリエモンの『YESマン』だと言われているようです。
つまり、ホリエモンの言いなりになっていた、という訳ですね。
という事は、役職は『取締役』となっていたとしても、その実は、我々と何も変わらない『労働者』みたいなものだったんじゃないでしょうか?
彼をかばうわけではないですけどねぇ。。。

労働法でも...


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
以前から労働者の定義をお伝えしていますけど、覚えていますか?

『労働者』とは、職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。

実は、更に踏み込んで考えると、
「役職」とか「名称」は関係ない!
ということまで明言されているんです。
つまり、
「その者の実態を見て、労働者かどうか判断される」
という考えなんですね。

なので、仮にアナタが会社の「取締役」になったとしても、引き続き「営業部長」などの役職・役目を行うとしたら、『労働者である』と認められる可能性が高い、と考えられるんですよね。
では、今回の熊谷氏の場合はどうなのか?
実は、私には分かりません(´~`ヾ)ポリポリッ
実態としてどうだったのか、なんて、社内の人間でもなければ、ジャーナリストでもないわけですし、一般人の私が簡単には調査できませんからね(;^_^A
まぁ代表権を持った今の状態で、労働者と認められることはまずありえませんけどね。


この記事が参考になった!という方は、最後にクリック応援していって下さいね☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。