Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お金を返して!
アナタは、会社に何か預けているものがありますか?
私の会社では、その週に使った交通費の清算は、翌週にならないとお金が返ってこない形式になっているんですよね。
これが結構痛い(>_<;)
仮払いしてしまえば良い話だ、なんてツッコミが入りそうですが(笑)

まぁとにかく、いつも私は会社に貸しがあるような状態なんですね。
このような状態のまま、会社を辞めることになった場合、会社はどのような義務があるんでしょうか?
今回はそんな話題です。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
労働法に書かれているルールを見てみましょう。

「会社は、社員が死亡・退職した場合、その権利者の請求があったら、7日以内に給料を支払い、貯蓄金など社員の権利に属する金品を返還しなければならない」

例えば私のように、会社に貸しがある状態で退職したとしたら、私が会社に請求する事によって、会社は私に7日以内に交通費を支払わなければいけないんですよね。
また、退職ではなくて、私が急死した場合(あんまり考えたくないですけど(;^_^A)、私の遺産を相続する者(妻など)=権利者が請求すれば、その者に会社が7日以内に支払わなければならないんですよね。

そして、重要なのは、ここ!
なんと、会社への「貸し」の部分全般が対象になっていますから、給料日前であっても、会社は給料を支払う必要があるんですよね。
例えば、10日締め、末日払いなんていう会社があったとして、その社員が15日に会社を辞め、即座に給料の支払を請求した場合、会社は22日にはその元社員に給料を支払う必要があるんですね。

ま、あんまり活用する事は少なそうですが、長引かせて会社に誤魔化されるよりは、さっさと請求してしまったほうが良い場合もありますからね☆


この記事が参考になった!という方は、クリック応援お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。