Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
休日出勤と深夜労働
深夜時間帯の労働に関するお給料に関する話題、ついてきてますか~?
細かい話が盛りだくさんになってきちゃいましたので、少しずつ復習してくださいね。
深夜労働に関する前回までの復習はコチラでお願いしますね。

さて、今日は複合技の総決算(?)です。
前回までは、
①単純に深夜労働した場合の給料の計算
②8時間の労働をした後に深夜労働をした場合
でしたよね。
今回は、②が更に休日に行われた場合のお給料についての話題になります。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
本題に入る前に、休日出勤のときの給料について復習しておきましょう。
休日出勤の給料は
通常の給料×1.35でしたよね。
そして、その休日に残業が発生したとしても、1.35倍という計算は変わりませんよ、ということでしたよね。

ところが、休日出勤+深夜労働の場合は、ちょっとお得になります。
平日の残業+深夜の場合は、「通常の給料×1.5
つまり、残業割増の『2割5分』と深夜労働の『2割5分』がダブルでかかってくる、という訳です。
これが休日になると、休日出勤+残業であっても、ダブルにはならない、という事でしたが、休日出勤+深夜労働の場合になると、今度はダブルになるんですね♪
つまり、休日割増の『3割5分』に深夜割増の『2割5分』が合わさってきますので、給料の計算は、
通常の給料×1.6
という事になるわけです。
という訳で、断然お得☆になるんですね~。

あ、ちなみに、休日出勤+残業+深夜労働という特殊な場合であっても、
『3割5分』+『2割5分』+『2割5分』=8割5分増し
なんてことにはなりません。
あくまで貰えるのは、休日割増+深夜割増の6割増、だけですよ。
そんなにオイチクありません。
残念!


この記事が参考になった!という方は、是非ともクリック応援お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。