Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
36協定(1)
以前から「書くぞ、書くぞ」と言っておきながら、全然書いていなかったんですねぇ。
自分でもビックリです(笑)

労働法では、社員に働かせることの出来る労働時間に制限があります。
原則として、1日:8時間、1週間:40時間まででしたよね。
これを超える労働の強制は、許されていません。
つまり、基本的には、残業をする義務など社員にはないわけです。
ところが、これを厳密にしてしまうと、会社がうまく回らなくなったりして、かえって社員に不利になってしまう場合もあるんですよね。
そこで、合法的に残業をするために必要なのが、今日の話題『36協定』というわけなんです。
内容も濃いので、何回かに分けて解説していきますね☆


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
そもそも『36協定』という名称は、俗称なんですよね。
労働法では、いくつか「労使協定」が規定されているのですが、36協定もその一つに過ぎません。
つまり、元々は名称なんてないんですよね。
けれど、法定の労働時間外に働かせることの出来るルール、という訳ですので、とりわけこの協定は従来から重要視されてきたわけです。
「例の協定」とか「あの協定」とか、そんな言われ方をしてきたのかもしれません。
それではあまりにも不便だというわけで、この「36協定」という俗称がつけられたのではないでしょうか。
その名称の由来なのですが、とっても簡単。
実は、この協定の事が書かれているのが、労働基準法の36条という訳なんです(笑)

今日は「ちょっと小話」になってしまいましたね。
次回からは内容に入っていきますね☆

最後にワンクリックで協力お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。