Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有休の付与日数
今日は月曜、しかも平日。
んな事言われなくても分かってますよね(;^_^A
でも、明日は祝日で仕事が休みの人も多いでしょうね。
そして、今日有休を使って、4連休にしてしまう人もいらっしゃるのではないでしょうか?
私が今勤めている会社でも、有休を使って休む人も結構います。

え?私ですか?

・・・・出勤です!!!
(ちょっと怒り気味・・・)

ところで私の場合、今の会社に働き始めてちょうど6ヶ月が経ちました。
その間、割とマジメに働いてきたので、当然のことながら、有休をGETでsきるのです。
じゃあみなさんの場合は、どれ位有休が貰えるか、知っていますか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
以前の記事で、有休を与えられるためには、どういう条件が必要か、というお話は色々とさせていただきました。
けれど、じゃあ自分は今年、何日分の有休をGETできるんだ?という事を書いていなかったんですよね。
手抜きでした(;^_^A

そんな訳で、ご自分の有休付与日数が知りたい方は、次を見てください。

勤続6ヶ月  : 10日
同1年6ヶ月 : 11日
同2年6ヶ月 : 12日
同3年6ヶ月 : 14日
同4年6ヶ月 : 16日
同5年6ヶ月 : 18日
同6年6ヶ月 : 20日
以下、1年ごとに20日となります。

有休の時効って、2年間なんですよね。
ですから、例えば新人君が6ヶ月で有休を10日GETして、その後1年間、1回も有休を使わなかったとしたら、1年6ヶ月で11日をGETして、合計で21日分の有休を使える、という訳なんですね。
という事は、有休は最大でも40日分しか貯めておけない、という事ですね。
会社に長くいるかた、自然消滅してしまうので、キチッと使えるうちに使っておいたほうが良いですよ♪

そうそう、つい先日、比例付与というルールをお伝えしましたが、その時の通常の社員の付与日数というのが、上記の日数なんですよ。


この記事が参考になった、という方は、最後にクリックしていってくださいね☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。