Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出張と労災
昨日は皆さんご存知の通り、春分の日。
つまり、祝日だったんですよね。
でも私、仕事の都合で名古屋まで出張に行ってました(>_<;)
しかも!
日帰りです。
どうせ出張に行くのなら、楽しい思いの一つでも作りたかったんですけど、日帰りじゃあそうもいきませぬorz

さてさて、今日は久しぶりに労災に関する話題を一つ。
以前、職場に着くまで、つまり通勤中の怪我も、労災の対象となって、無料で治療を受けられます、ということを説明しましたよね。
じゃあ出張の場合、この通勤と言う考えは、どこに行ってしまうんでしょうか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
まず一つ目のケース。
いつも通り会社に出勤し、出張の支度を整え、出張先に向った。
翌日、出張先から会社に戻り、少し仕事をして、自宅に戻った。

こんな時は、会社までの通勤、そして、自宅に戻る道のりは、当然、通勤として扱われます。
当たり前ですね(;^_^A



2つ目のケース。
自宅から直接出張先に向かい、そして、帰りも出張先から直接自宅に戻った場合。

この場合、実は、自宅から出た瞬間から、『仕事中』として考えられるんです。
ですから、出張先に向う道程で怪我をした場合は、「通勤」としてではなく、仕事中の怪我として扱われるんですね。
そう、賢い読者はお気づきだと思いますけど、出張先から自宅に戻る途中も、当然、『仕事中』と考えられる訳ですよね。


3つ目のケース。
自宅から直接出張先に向かい、帰りは一旦会社に寄ってから自宅に帰った場合。

この場合はもう、分かりますね?
そう、自宅を出た瞬間から『仕事中』となり、会社を出た瞬間から『通勤中』となるわけです。
また、逆のパターン(会社から出張に向かい、直接帰宅した場合)も、同じ考えをするわけです。

出張じゃなくて、単なる私用の旅行とかじゃダメですからね!



この記事が参考になった、という方は、クリック応援お願いしますね♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。