Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男女雇用機会均等法(3)
昨日に引き続いて、募集や採用について、どんな場合に性差別になるのか、そんな話題です。

基本的な考えとしては
「事務員さん募集」
とか
「パートさん募集」
なんて言葉は全然問題ありません。
重要なのは、それが女性だけに限定されていたり、あるいは、男性だけに限定している事が問題なんですね。
ですから、
「カメラマン募集」
という表現の場合、それが男性の呼称であるとして、違反にあたるんですね。
じゃあどうすりゃええねん!
って感じですけど
「撮影士募集」というような表現で表すしかないんですね~。


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
その他にも、こんな場合に、違反にあたるとされています。

①募集・採用にあたって、その対象から女性を外すこと。または、女性だけに限定する事

②男女を共に募集・採用の対象としているにも関わらず、性別による採用人数を設定する事

③採用条件(年齢など)を、男女で別の条件にする事

④募集・採用の説明など、情報の提供について、男女で異なる扱いをする事

モチロン、これ以外にも色々とあると思いますけど、代表的な例ですね。
ただし!
例外も存在します。
これはちょっと発展編になっちゃいますので、後々解説していきますね~☆

いずれにしても、現在の労働市場は『人不足』ですから、女性であろうが男性であろうが、働く機会はいくらでもある、と前向きに考えられる時代になってきています。
そう、だから、
「なんだこの会社は!」
なんてムキにならないで、ちゃんと男女公平に扱ってくれる会社と接すればいいんじゃないかな♪なんて思います。


この記事が参考になった、という方は、クリック応援お願いします☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。