Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝なのに、残業?
う~ん、今週は結構頑張ってます。
私が今勤めている会社は9時が始業時間なのですが、月曜、火曜と連続して、8時前に出社しています。
もちろん、終業時間はいつも通りで、18時までの勤務となっているんですよね。
そうなんです。
休憩が1時間あるとはいえ、いつもより1時間も早く仕事を始めていますので、9時間も労働してしまっているんですよね~
しかも、今月は多忙につき、18時では上がれませ~ん(>_<;)

『残業』という言葉のイメージのせいなのかもしれませんが、定時より早く出て仕事をした場合でも、割増賃金を支払う必要はあります。
そう、『早朝残業』みたいな考え方はあるんですね。
知ってましたか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
残業という言葉は、文字通り「残って仕事をする」という意味ですから、当然、定時を過ぎて仕事をするイメージになりますよね。
でもね、労働法で意味する残業代とは全然考え方が違うんです。

労働法では、1日に働かせても良い労働時間が決まっています。
そうです。
原則として1日8時間まででしたよね。
つまり、8時間を超えた場合には、「割増した賃金を支払いなさい」というのが原則なんです。

そうすると、私の場合を例にとると、朝8時から夕方18時まで(休憩1時間)働いたことになります。
ですから、1時間分の割増賃金を貰える、という訳なんです。
これが、『早朝残業』という考え方に結びつく訳なんですね~

ちなみに、朝早く出た分、就業時間を1時間早めると、いつも通り8時間労働になりますね。
この場合は、当然、割増賃金は支給されません。。。
残念!



この記事が参考になった!という方は、クリック応援お願いします☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。