Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2つの事件
カネボウの不正会計で中央青山監査法人の幹部を含め、会計士が4名逮捕されましたね。
商法に違反し、かつ、会計士法にも違反しているのだから、当然といえば当然ですよね。
しかも、株主をはじめ、関係者に多大な損害を与えているのですから、恨みを買うような行為だったとも言えますよね。
将来、社労士として企業に何らかの形で携わろうとしている私ですから、決して他人事では済まされないことで、他山の石としなければなりませんね。
ところで「恨みを買う」と言えば、昨日札幌高裁で刃物を持って裁判官に切りかかった男がいたそうです。
事件の概要しか分からないから詳しく解説する事はできませんが、この男、自分が所属していた会社と民事事件の争いをしていたらしいのです。
これはあくまで推測なのですが、おそらくこの男は自分の主張が認められずに裁判に破れ、その恨みで裁判官に切りつけたのではないか、と思うんですよね。
たしかに、裁判所で刃物を振り回すのは許されない行為ですが、しかし、そこまでの行為を行わせたのだから、この男が争っていた事件は、その主張が本当は正しかったのではないか、と考えちゃうんですよね。

でも悲しいですよね。
もし自分が正しいと考えて、実際に正しかったとしても、裁判で証明できなくては勝つことができないんですよ。
一旦は敗れて控訴しようとしても、そこにまた費用がかかるから、簡単に控訴することも難しいですしね。
裁判制度にも問題があるのかもしれませんが、会社は会社で誠実に社員との絆を深めていくべきだし、社員も裁判まで持ち込む前に防御網をはっておかなくては、いざ自分に問題がふりかかった時に、なんともいかない、では寂しいですもんね。
自分の身は自分で守る、厳しいですが、こういう姿勢や意識を少しは持っていなくては、逆に自分が犯罪者になってしまうことも有り得るんだと思わせる事件でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。