Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育児介護休業法
私は今年で31歳になります。
結婚して1年半、まだ子供を授かっていません。
欲しいか欲しくないかを問われれば、当然「欲しい」と答えるのですが、まぁ今は家内と仲良く暮らしていますので、不自由というわけでもないんですよね。
でも、家内が歳を重ねると出産にも苦労するでしょうから、今のうちに授かりたい、という気持ちもありますねぇ。

さて、世の男性諸君に問いたい。
自分の子供が生れたら、育児は誰がしますか?



続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

日本には、いや海外にもあるのでしょうけれど、育児に関するお休みを確保する法律が存在します。
ところが、この法律を有効に使っている家庭って、物凄く少ないんじゃないでしょうか?
実際、私たち夫婦も、基本的には私が仕事、妻が家庭のことをするようにしてしまっています。
モチロン、女性差別として考えているわけではなくて、お互いの役割分担として、その方が良いだろう、という話し合いの上での分業なのです。

さて、実は表題の「育児介護休業法」ですが、その存在を知らない方もいらっしゃるでしょうし、存在を知っていたとしても、具体的に詳しく知っている方は非常に少ないのではないでしょうか?

今日は一つだけ、覚えていってください。

育児休業は、男性も取得する事ができます!

休業期間等に関する情報は、追って更新していきますね!



「幸せな会社の辞め方」絶賛発売中です☆
興味のある方は、コチラで確認してみてください♪
只今、特別モニター価格での提供となっておりますので、お申込みはお早めに!



最後まで読んでくれてありがとう!
ついでにポチッとね♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。