Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出生率1.25(過去最低)
厚生労働省の発表(6月1日)によると、2005年の合計特殊出生率は、1.25と前年より0.04ポイント低下し、過去最低を更新したそうです。
しかも、年間出生数を年間死亡数が初めて上回り、人口減少社会がいよいよ本格的に始まったようですね。

※合計特殊出生率=1人の女性が15~49歳の間に産む子供の数の平均


【読売新聞より】
厚生労働省は1日、2005年の人口動態統計を発表した。合計特殊出生率(1人の女性が15~49歳の間に産む子供の数の平均)は1・25と前年より0・04ポイント低下し、過去最低を更新した。
05年に死亡した人の数は、生まれた子供の数を2万1408人上回ったことから、戦時中など特殊な期間を除き1899年(明治32年)以来、初めて年間の人口が減少した。

 少子化が今後も進展すれば、年金をはじめとする社会保障制度の基盤が揺らぎ、経済にも悪影響が出るのは必至で、政府は少子化対策への一層の取り組みが求められそうだ。

 合計特殊出生率は03、04年は共に1・29と横ばいだったが、大きく低下した。05年に生まれた子供の数(出生数)は、5年連続で前年比マイナスとなる106万2604人(前年比4万8117人減)。

 死亡数は108万4012人(同5万5410人増)だった。合計特殊出生率が低下した大きな要因の一つが、一般的に子供を多く産む25~34歳の女性は、第2次ベビーブーム以降に生まれており、減少傾向にあることだ。

 特に30~34歳の女性人口は前年より9000人減の474万2000人となり、初の前年比マイナスを記録した。都道府県別では、東京都の0・98が最低で、沖縄県の1・71が最高だった。福井県は1・47と0・2ポイント改善しており、唯一の前年比プラスだった。



続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
統計上、日本人が前年より減少したことを示しているのですが、実感として、
「あ~人が少なくなったなぁ」
なんて思う事は少ないですよね(笑)

私は今、色々な会社の方と会う機会に恵まれているのですが、やはりどの企業も人材不足の悩みはあるようです。
それも「良い人がいない」という贅沢な悩みではなく、求職者そのものの絶対数が不足しているようなんです。

これを逆に捉えると、まさに求職者の思う壺、ってことになりません?
だって、希望する職には就きやすいし、必然と待遇も良くなるわけです。
当然、企業だって人材は確保したいですからね( ̄ー☆ ̄)
まぁ、転職するにしても、もう少し時間がたてば、より良い条件の就職先が見つかるんじゃないでしょうか\(^o^)/


最後まで読んでくれてありがとう!
ついでにポチっとね♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。