Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
育児休業
労働者は、その事業主に申し出る事により、育児休業をすることが出来る。

突然ですけど、育児介護休業法の一節をご紹介しました。
最近は(本当は以前からですけど)少子化が深刻な問題としてとりあげられていますよね。
そんな中、労働法の一つである「育児介護休業法」では、仕事と育児の両立を図るため、もしくは介護との両立を図るために成立したものなんですね。

けれど、世間では、男性「育児休業を取得した」という話題が少ないですよね。
実は、男性だって育児休業を取得できるんです。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


ここで、もう一度最初の一説を見てください。
そうなんです。
「女性は」とか「母親は」という言葉は一切使っていません。
あるのは
「労働者は」
という言葉だけなんですよね。
つまり、男性も女性も関係なく、育児休業を取得できる、というルールになっているんですね。

モチロン、取得する事は強制されませんから、夫婦間の話し合いで、女性だけが育児休業を取得することがあっても良いわけです。
ただ逆に、男性だけが育児休業を取得することがあっても良いわけで、この点、日本ではこういった事例が少ないように思えます。
(詳しいデータがあるわけじゃないですけど。。。)

実際、私の周りでも、男性が育児休業を取った方は残念ながら一人もいません。
制度があっても、それを活用できている会社は非常に少ない、というのが現状なんでしょうね(´~`ヾ)ポリポリッ


この記事が参考になった!という方は、是非是非クリックお願いします♪
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。