Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特定受給資格者
会社を辞めて無職になる。
あ、そんな計画を立てている訳じゃないですよ(;^_^A
例えば、の話です。

無職になるのは簡単ですけど、無収入では困りますよね。
けど、場合によっては、好きで無職になるわけではない時もあるわけです。
そこで、日本には、雇用保険というアリガタイ制度があるんですよね。
そう、失業保険のことです。

労働者が失業したときにもらえるのが『基本手当』というものです。
けど、何もしないで基本手当が貰えるわけではありません。
やはり、キチンとした手続が必要になるんですよね。
ここで重要になるのが、その失業者が、どんな理由で失業しているのか、というポイントです。
これだけで、全然待遇が変わってくるんですよね~


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

いわゆる自己都合退職の場合、給付制限、というものが懸かります。
そうなんです。
退職して暫く経たないと、基本手当を貰う事ができないんです。

これに対して、すぐに基本手当が貰え、しかも他の方より多く受給できる方もいらっしゃいます。
これを、
『特定受給資格者』
って言うんですよね。
どんな人たちがこの対象者になるか?
一言で言うと、辞めたくないのに辞めさせられた人、ってことです。

自己都合退職は文字通り、労働者の意思で、勝手に会社を辞めることを指します。
極端な言い方をすれば、
自己都合退職=好きで辞める
特定受給資格者=辞めたくなくても辞めさせらる
って事になりますよね。
そこには大きな差が生まれて当然じゃありませんか?

そんな訳で、法律では区別して扱うようにしているんですね。
じゃあ実際、どんな場合に特定受給資格者になれるのか。
これは・・・また後日解説して行きますね♪



最後まで読んでくれてアリガトウ!
ついでにポチッとよろしく☆
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。