Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
労働組合としての基本的権利
かなり以前の話になりますけど、労働組合に関する法律上のシリーズをお送りしていました。
今読み返すと・・・
物凄く中途半端に終わっちゃっていましたね(;^_^A

そんな訳で、改めて再開してみようかと思います。
「今更労働組合なんて。。。」
なんて思われる方もいらっしゃるでしょうけど、まぁ聞いておいて損はないですぞ。

なにせ、最近は労働トラブルは尽きないですからね。
そうしたトラブルに巻き込まれた場合、或いは、トラブルに巻き込まれないようにするためにも、シッカリとした労働組合という組織は必要なんですよね。
例えば...


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


労働組合法のなかには、いくつか使用者(会社側)に対して規制しているルールが定められています。
その中の一つに、こういう事が書かれています。

『使用者は、雇用する労働者の代表者と団体交渉することを、正当な理由が無く拒んではならない』

そうなんです。
例えば労働環境が非常に悪く、一人では解決できない場合、団体交渉という権利を行使しやすくなる、という事なんですよね。
これは憲法にも規定されている団体交渉権の顕著な例なんだと思いますよね。

一人で会社と争うのって、簡単じゃないし、精神的にも辛い部分ってあると思うんです。
結局、人間は一人じゃないわけですしね。
そんな時、やはり良い意味で団結する事は必要、って訳ですよね☆




この記事が参考になった!という方は、クリック応援お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。