Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男女雇用機会均等法の改正
「結婚は女の幸せ」
「子供を産むのは女性の義務」

冒頭から失礼・・・
ですが、今でもこうした考えを持った方は非常に多いと思います。
実際、私が前に勤めていた会社でも、こうした発言を上司の口から聞いたことがありました。
これって、性差別ですよね。
男女の性差別に関しては、『男女雇用機会均等法』(略して均等法)で禁止されています。

以前からこのブログでも均等法をとりあげてきましたが、ついに法律が改正されることになりました。
と言っても、何か中途半端な気がするのですが・・・



続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

【読売新聞より】
改正雇用機会均等法が成立…男女の「間接差別」禁止

 全国的な転勤を総合職の採用要件とするなど、合理性のない男女の「間接差別」を禁止する改正男女雇用機会均等法が、15日午後の衆院本会議で全会一致で可決、成立した。

 「間接差別」は、表面上は性別に無関係だが、結果的に採用や昇進の男女差別につながる処遇のこと。具体的には、〈1〉身長、体重、体力を募集・採用の要件にする〈2〉全国転勤を総合職の募集・採用の要件にする〈3〉転勤経験を昇進の要件にする――の3ケースについて、要件に合理性が認められない場合は差別とみなし、禁止する。

 このほか、企業に適切なセクハラ対策を義務付ける対象に、女性だけでなく、男性へのセクハラを追加した。禁止される通常の性差別の対象も、「募集」「採用」「昇進」などから「降格」「雇用形態・職種の変更」「退職勧奨」などに拡大した。

-------------------------------------------------------------


実は、均等法が始まってから20年が経過したわけですが、その間、一時的にセクハラ行為が減ったものの、最近は、増加傾向にあるんですよね。
こうした時、防止するためには法律上「完全な義務化」が必要で、更には罰則の強化もすすめなくてはならないと思うんですよね。
今回、セクハラ防止のための対策を企業に義務付けたのは良い方向だと思いますけどね。

この話題に関しては、詳細が分かり次第、随時レポートしていきますね☆


最後まで読んでくれてありがとう!
ついでにクリックお願いします♪
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。