Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不当労働行為(2)
労働組合としての、あるいは労働者の権利を守るため、労働組合法では、会社に対して、ズルイやり方を規制しています。
これを不当労働行為って言いましたよね。
覚えていますか?

前回の記事では、
「団体交渉には基本的に応じなければならない」
といったような内容を紹介しました。
これって、労働組合法上、最も重要な項目の一つですよね。
これがないと、何の為に組合を結成するのか分からなくなりますもんね。

不当労働行為は、いくつかの種別に分けることができるんですが...


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ


不当労働行為は、以下のように区分できます。

(1)不利益取扱い及び黄犬契約

(2)団体交渉の拒否

(3)支配介入及び経費援助

(4)報復的不利益取扱

このうち、(2)の団体交渉の拒否に関しては、前回の記事で解説しましたね。

そんな訳で、次回からは、そのたの不当労働行為についてジックリ解説していきますね☆


スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。