Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生理休暇
男女平等って言葉がありますよね。
オトコもオンナも、みな平等に扱いましょうってことですけど、現実の世界で「平等」に扱ってしまうと、困ることも色々とありますよね。
じゃあ正しくは何が必要かというと、性差別はやめよう、という考えですよね。

今日紹介する生理休暇なんですけど、これもやはり女性だけに与えられた特権なんですよね。
つまり、男性に比べて体の構造的なものが違いますので、休暇を認めないのは非情である、という判断なんでしょう。
実際、うちの女房もたまに休む事もありますし、無理はできんでしょうからね。

とは言いつつ、オトコの私には、その苦痛を全て理解する事は難しいのですけどね(;^_^A


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ

生理休暇のルール
「会社は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない。」

ここで大事なポイントは、あくまでも『女性が請求した場合』に限られるって事なんですね。
たとえば、少し辛そうな女性がいて、上司が勝手に
「生理がキツイんだろうから、今日は帰って休みなさい」
なんて決めてしまってはイケマセンよ、という事ですよね。
と言いますか、これってセクハラにもなりかねませんから、まさに
「アリエナイ」一言ですよね(´~`ヾ)ポリポリッ
そして何よりも、「著しく困難」であるかどうかの判断は、あくまでもその女性本人がすることなんですよね。

ところで、この生理休暇なんですけど、休みを取った日分の給料を支払う必要があるんでしょうか?
答えは、NOです。
これ、実際には有給休暇の取得として扱うこともあるかと思いますけど、会社側には通常、給料を支払う義務はないんですよね。
まぁ「ノーワークノーペイ」という考えの下では、仕方ないですかね。。。

そうそう、この生理休暇についてなんですけど、MSNが実施した「働く女性の体」アンケートによると、生理関係で悩みのある女性のうち73・3%が「仕事を休めない」と答え、その休めない理由として、2人に1人が「職場の雰囲気がとりづらい」を挙げたそうです。
法律があっても、それを活用しにくい職場が多い、って事ですよね。
もっと、母体となる女性に優しい職場を創れないんですかねぇ。。。




この記事が参考になった!という方は、クリック応援お願いします♪
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。