Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社を辞めたいんですけど。。。
変なタイトル付けてごめんなさいm(_ _;)m
私事じゃないですよ(^o^)
会社を辞めるときには、一般に「退職願い」を出しますよね。
でも待てよ、「退職届」ってのもありますよね。
この違いって何なのでしょうか?
そして、それはいつまでに提出すればいいのでしょうか。
ご存知ですか?


続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
以前勤めていた会社での実際の出来事ですが、この人、ホントに不勉強だな、と思ったことがあります。
何故なら、自分の会社の就業規則もちゃんと見ていないのですから。
ルールを守るどころじゃないですよね。
知らないのであれば、守る方法も分かるはずありませんよねぇ。
え?誰のことかって?
社長ですよ、社長!

会社の中でも将来中心的な存在となるはずの技術者(Aさん)が退職の意思を伝えてきた時の話です。
実は、社長に伝わる前に、会社のほとんどの人が、Aさんが辞めるのを知っていたのですね。
当然、Aさんの上司の部長には、Aさんが2ヶ月前くらいには退職の意思を伝えていたのです。
そこでAさんは退職願を提出することになったのですが、これが社長の手元まで届いたのが、退職予定日の2週間前くらいだったのですね。
当然、社長としては優秀な技術者を辞めさせたくないと考えました。
「ダメです!だいたい、退職の意思は1ヶ月前に伝えないと無効じゃないですか!」

1ヶ月前?
ああ?

無効???
ああ?

全然間違ってますから、残念!

(すいません、マジャと侍を同時に出してしまいました)

社員が会社を辞めようとする際、そこには確かに一定のルールがあります。
実は、労働法と言うのは社員を守る事が原則として成り立っていますので、退職の意思表示をするルールは、民法で決められているんですね。
で、その中で決められているのは、
退職の2週間前に伝えればよい
という事なんです。
さすがに前日、というのであれば経営的にかなり困りますし、常識的な考えでも、できれば早目に伝えておいた方が、トラブルは回避しやすいでしょうね。

で、その逆に、会社が社員を辞めさせようとする時には、1ヶ月前に社員に伝えなければならない、というルールがあるんですよね。
(解雇についてのルールは、後日解説しますね!)
これとゴッチャになって覚えているのが、今回のバカ社長なんですよね。
しかも!
会社の就業規則には「2週間前に伝えなくてはならない」と明記してるんですけどね。。。。
自分の会社なのに、興味ないんでしょうか?
こんな不勉強な方が多いので、私のようなものが「教育」してあげないといけないのでしょうね(;^_^A
なので、ミッチリと教え込んでやりましたよ。
お陰で、私が辞めるときには、キッチリ2週間前に伝えてやりました( ̄ー☆ ̄)

さて、一方の話題、「退職願」と「退職届」の違いなんですけど、これは労働法の分野ではないんですよ。と言いつつ、解説してしまうのが、私の優しいところ(~_~;)
一般に使うときには「退職願」を使ったほうがいいでしょう。
「届」になると、「確定している事」「変更する余地がないこと」を意味しますので、かなり強固な姿勢での退職の意思表示になるんですよね。
ですから、印象としてはかなり凶暴な感じがしますので、温和に退職して、後に引きずらないようにする為には、「退職願」として、相手に考える余地がありますよ、と暗示しておく必要があるんです。
そうじゃないと、退職後に嫌がらせをするバカ会社もありますので、ここは一歩大人になって、「退職願い」としておく方がベターですね。
それでも、急な事情があって、どうしてもその期日までに辞める必要がある場合は、「届」としておく必要があると思います。

ちなみに、「辞表」と書く人は滅多にいないです(;^_^A


この記事が参考になった方は、投票お願いします。
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:あほな上司 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
マジャと侍の気持ちで読みました(笑)
テーマで、「あほな上司」ってあるんですね。笑っちゃいました。

退職の2週間前かぁ。
まぁ、そんな突然退職することはないと思いますが(引継ぎもあるし)、ウチの会社は、就業規則に「自己都合で退職するときは少なくとも30日前までに退職願を提出して、会社の承認があるまで従来どおり勤務しなければならない」というようなこと書いてありました。
2005/10/15 (土) 13:12:25 | URL | NORRY #O5sb3PEA[ 編集]
おっと!
>NORRYさん
これは困りました。
何故なら、その就業規則には大きな誤りがあるからです。
記事の中でも触れましたが、退職の意思がある社員を、会社が止まらせる事ができるのは、最長でも2週間なのです。
これに違反する就業規則の規定は、その部分は無効です。
よって、NORRYさんが退職したときには、30日前ではなく、2週間前でOKなんです。
2005/10/16 (日) 01:01:03 | URL | Shokuhan #-[ 編集]
ご無沙汰しております。

わたしも今の会社へ入社した際に
「退職願は一ヶ月前までに」って説明されました!!
ほんとは2週間前なんですね!?
目からウロコ。。。
あ、でもわたしの場合“契約社員”なのでまた別なのでしょうか?

ところで、わたしが前の会社を一斉解雇された時は宣告から解雇まで一ヶ月なんてありませんでした。
(せいぜい一週間くらいだったかと思います)
後日お話しくださる“解雇についてのルール”も楽しみにしてますね(^^)
2005/10/17 (月) 02:02:03 | URL | ayaxxx. #Yc3yxOx6[ 編集]
あれ?
>ayaxxxさん
契約社員であっても、ルールは一緒ですよ。ただ、契約社員の場合、1年など期間がかなり限定されていますので、一方的に、2週間後に辞めます、というのは好ましくない方法だと言えます。
たとえば、終了まで3ヶ月ぐらいあるのに、勝手に辞めてしまうというのは、正に契約違反、ということになりますので、今度は社員の側が訴えられる可能性があるのです。
ですから、場合によっては、「1ヶ月前に」と制約を設けたのは、契約社員であって、契約の満期前に辞めたいときでも、1ヶ月前に言ってくれれば責任を追及しませんよ、という事で定められている場合もあるのです。
2005/10/17 (月) 22:45:10 | URL | Shokuhan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。