Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性への配慮(1)
こういう言い方はおかしいかもしれないが、労働法の世界は男女平等には成り立っていない。
また年齢や地域による差別もある。
何故だろうか。
『人類皆平等』という思想は正しくもあり、誤りでもあるのだろうか。

法律に限らず、どの世界でもあることなんでしょうけど、平等と公平というのは明らかに違う。
辞書を引いても同じようなニュアンスで書かれていて、使い分けが難しいけれど、両者は明らかに別の意味なんですよね。

続きを読む前にクリックお願いいたしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
『平等』
差別なく、みなひとしなみであるま。

『公平』
かたよることなく、すべてを同等に扱うさま。

確かに辞書で引いてしまうと、全然区別がつかないですよね。
でももうちょっと意味を紐解いていくと、両者には歴然とした違いがあるんですよね。

公平と言うのは、「機会や権利が均等にある」ということで、
平等は「各々の努力に関係なく、待遇が均等にあたえられている」
ということなんですよね。
競争社会の中で、全てが平等に扱われたら、逆に不平不満が募りますよね。
だから、一般社会の中では、平等に扱われるより、公平に扱われたいと思うのが普通なんでしょうね。

さて、今日の主題である『女性への配慮』ですが、労働法も
男女平等には作られていない
のですよね。
これは、全て等しく扱われると、非常に不具合が生じてしまうからなんですよね。
例えば労働法の中では、生理休暇というルールがあります。
生理(月経)は男性にはない女性ならでは現象ですので、必然と配慮する決まりを作らなければならなくなりますよね。
これを一概に『男女平等』という名の下に差別なく取り扱う、となると、生理痛で苦しんでいるのに、男性と同じように扱われ、
「休むなんて、甘ったれるな!」
という様なことにもなりかねないんですよね(´~`ヾ)ポリポリッ
実際、女性への理解がない男性上司は非常に多いですからねぇ。。。

そんな訳で、労働法の中では、一定の女性への配慮がなされているのです。
こんな事を明日からいくつか紹介していきたいと思います。

明日からも読みます!という方は、是非クリック応援をお願いしますm(_ _;)m
↓ ↓ ↓
人気blogランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:ありえない! - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
勉強になります~
こんばんは、はじめましてasatoと申します。
履歴があったので、飛んで来ました。
勉強になります。会社で悩んでた時に知りたかった事がいっぱいです。
わかりやすく書かれてますし、悩んでる人には勧めたいですね。
ここの記事を読んでいたら、ひどいとは思ってたんですが、ほんとに辞めた会社はひどかったんだ~と思いました。そんな所に長いこといたなんて…無知は怖いと言うか、損ですね。
サブタイトルの「社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!」に笑いました。辞めた会社が文字通りだったので。残ったのは、社長が連れて来た人だけ、私が最後の一人でした。
年齢的な事もあり、まだ職につけてませんが、がんまります。
初めてのコメントで、長々と失礼しました。
2005/11/14 (月) 19:48:49 | URL | asato #MSRmOgEY[ 編集]
こんばんは
>asatoさん
はじめまして。コメント書き込みありがとうございます。
「わかりやすく」はこのブログの基本コンセプトですからね。
本当の意味で誰にでも理解できる労働法が書けているのは私だけだと自負しています( ̄ー☆ ̄)
楽しんで学んでいただければ、私も嬉しいですよ。
2005/11/14 (月) 21:31:06 | URL | Shokuhan #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。