Shokuhan-職犯-
社長!そのやりかたでは社員がいなくなりますよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
残業代がもらえない人
「なんで俺はこんなに働いているのに、1円も残業代が払われないんだ?」
以前勤めていた会社の中間管理職が私に対して泣きついてきたことがある。
総務部の部員として、会社の社員に対する考え方は理解していたつもりなので(「納得」ではないですよ!)、次のように答えざるを得なかった。
「ん~就業規則に書いてありますからねぇ」

たしかに会社の就業規則には書いてある。
「主事1級以下の社員には、・・・・・割増賃金を支払う」
この主事1級というのは社員の等級を示すもので、いわゆる管理職ではない、一般社員のことを言っています。
つまり、管理職になったら、残業代は支払いませんよ、という事ですが、はたして、これは正しい法解釈なのでしょうか?
結論から言いますと、答えは×です!

労働法の中には、こんな決まりがあります。
「労働時間、休憩及び休日に関する規定は、次の各号の一に該当する労働者については適用しない。
①(省略)
②事業の種類に関わらず監督もしくは管理の地位にある者 又は機密の事務を取り扱う者
③(省略)  」  (労働基準法 第41条)

簡単に言いかえますね。
本来、会社が社員に対して働かせる事ができる時間には限度があって、その時間を越えたら、代償として、残業代を支払いなさい、というのが原則です。
で、この残業代を支払わないのが「サービス残業」ですよね。
ここまではお分かりだと思いますが、問題なのは、この、「働かせることができる時間の限度」がない社員も世の中には存在する、という事です。
これが上に記載した①~③の方なんですが、なかでもメチャクチャに解釈されてしまっているのが②の部分なんですよね。

実は、会社内で言われている「管理職」と、②の「管理・監督する者」とは、全く意味が違うんです!
だってそうでしょ?
社内で勝手に、「君は管理職になったから残業代今月からナシね」ってなったら、それこそ全員を管理職扱いにして、不当に残業代を払わなければ簡単ですからね。
仕事なめてんの?
とか言いたくなりますよ。
このやり方で新聞市場を賑わしたのが某電気屋の「ビック○メラ」さんですね
(隠せてないし。。。笑)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/gyousei/20050225c.htm

労働法が考えている「管理・監督する者」とは、かなりその範囲が限定されています。
「部長、工場長など労働条件その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者の意」
「名称にとらわれず、実態に即して判断すべきもの」
というのが正しい解釈なんですよね。
つまり、会社内で課長になった、主任になった、と言っても、それが法律上の管理・監督者に該当するわけではない、ということです。
逆に、社内名称が「係長」であったとしても、その実情が一般労働者の管理を任され、その係長自体が会社から管理されていないような場合で、かつ、それに見合った給料をもらっているような場合には、「管理・監督者」に該当させるべき、ということなんですよね。

私見になりますが、社員のうち、おそらく「管理監督者」に該当するのは、1割にも満たないのではないかと思っています。
調査したわけではないので分かりませんけどね。

今回のポイント
①残業代は全ての社員が支給されるわけではない
②「管理職」と「管理監督者」は全く意味が異なり、管理職の大部分は、残業代をもらわずにサービス残業を行ってしまっている。

正しい知識を身につけ、会社の横暴なやり方にもキチンと対処できるようにしておきたいものですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Shokuhan-職犯- all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。